黄金の日日


スペイン人貿易商人アビラ・ヒロンの著書『日本王国記』によれば、喜右衛門の人柄について「極めて聡明で抜け目のない、腹黒い、目はしのきく男である」と評している。近年の歴史研究においては「降伏要求外交に関して黒幕的存在として暗躍していた」とも評されている。#黄金の日日

コメント

    タイトルとURLをコピーしました